×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『天龍、前田にとっての…過酷な5、6月戦争を斬る!』(No.203)

記念すべき1冊目。

私が購入した最初の「週刊ゴング」は、1988年5月5日号でした。

タイトルでもわかるように、

『4.15大阪 天龍源一郎 VS ブルーザー・ブロディ三冠統一戦』

の詳報がカラートップ。

インターナショナル・ヘビーをブロディが、PWF&UNを天龍が保持しての、史上初となる三冠統一戦です。


ちなみに私は天龍選手のファンです。

この試合が行われたときは、スポーツ新聞も簡単には入手できませんでした。

インターネットはもちろん、パソコンすらまったく普及していなかった時代です。

結果が早く知りたくてたまらなかったのに、田舎なもので、テレビ放送も2週間遅れ。

しかも、しょっちゅう放送中止になったり、野球延長でビデオのタイマー録画時刻とずれたり・・・

この「ゴング」は、母にどうしてもと頼んで、本屋で買ってきてもらった物です。


ちなみに試合は、放送を取り逃したか何かで、観ることができませんでした。

今でも非常に心残りで、DVD化されたら、何としてでも手に入れたい試合です。


ただ、「ゴング」の8ページにわたるカラーグラビアと試合解説で、テレビと同じぐらい興奮したのを覚えています。

主観に偏った「週刊プロレス」より「ゴング」を選んだのは、そういった面が強かったように思います。


結果は・・・ご存知のように、30分0秒両者リングアウト。

ブロディがトップロープからのキングコング・ニードロップ、天龍が場外でのパワーボムを放った上での両リン決着でした。


今思えば、大筋のシナリオも結果も決まっていたのかもしれませんが、その枠の中でこれだけの試合を見せてくれた両選手には、感謝と尊敬の念でいっぱいです。

この後、ブロディがああいう形でこの世を去ったことを考えると、やはり手元に残しておきたい試合ですね。


他には、『ベイダー特集』『高田26歳バースデー』『船木の海外修行直前インタビュー』『第3の海賊!バリー』などの記事がありますが、「みんな若いなぁ」、程度でしょうか。

『三者三様』のコーナーで、

「天龍に3冠を統一させてIWGP王者・猪木と対決させたい」

なんて提言がありますが、幾年もの時を経て、実際にこの対戦が行われたんですから不思議ですね・・・


では、また。


●新日本プロレスの西村修さんの入場曲を無料で聞けるサ..新日本プロレスの西村修さんの入場曲を無料で聞けるサイトを探しています。 どなたか教えてください。続き
---
●小川直也(プロレスラー・格闘家)が 両手を水平に広..小川直也(プロレスラー・格闘家)が 両手を水平に広げて飛行機の用に旋回しながら「新日本プロレスファンのみなさん目を覚ましてください」といったときのアスキーアトを探しています。該当する回答いただけた方には先着3名までポイントお渡しします。続き
---