×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『試練を迎えた2大革命が結ばれる日は来るか!?』(No.208)

この号の巻頭カラーは、『IWGPチャンピオン・シリーズ開幕』ということで、『藤波VS馳』のシングルマッチ。

当時IWGPヘビー&タッグのチャンピオンだった藤波が、シリーズ中に各3試合ずつ防衛戦を行うことが決定していました。

シングルの相手は、坂口→長州→ベイダー。

タッグは木村健吾と組んで、坂口・藤原組→長州・M.斎藤組→マードック・アドニス組。

懐かしい名前が並んでいますね。

写真を見ても若い、若い。

長州は、藤波側に付いた越中を4分弱で仕留めています。

この一連の流れは、飛龍革命を掲げた藤波に対する試練。

結果は・・・覚えていません(近いうちにわかるでしょう)。


他には、『新海賊バリー初登場』『ロックンロール・エキスプレス連写分析』『フレッド・アトキンス死去』『”スポーツ冒険家”北尾光司、モンスター・ファクトリーでプロレス体験特訓』『全日本スーパーパワーシリーズ(龍原砲VS谷津・輪島、スパイビー初シングルで田上に完勝』などなど。

そして、タイトルの巻頭特集。

2大革命は、天龍革命と飛龍革命。

共に、最終目標は交流戦とのことでした。

現在のように団体間の交流がなかった時代だからこそ、いい夢を見れたなぁ、なんて思った次第です。



では、また。


●女子プロレスに詳しい方にうかがいます。女子プロレスに詳しい方にうかがいます。今日、あるエログについていた動画から、セクシー女子プロ、というものを知ったのですが、あれはやはり、一種の格闘技と見るべきなのでしょうか?それとも、お色気ショーと見るべきなのでしょうか?格闘技にしちゃ突き飛ばし合っているだけみたいでぜんぜん見応えないし、セパレーツ水着でやっているのに「ポロリ」もなく、色気も感じない・・・どういう位置づけの興行なんでしょうか?続き
---
●プロレスの基本は左といわれますが、なぜこのようなルールができたのでしょうか?....プロレスの基本は左といわれますが、なぜこのようなルールができたのでしょうか?確かに試合を見ているとヘッドロックをするのも左脇に抱えていますし、足を取るのも左足を取ることが多いです。続き
---
●魔邪が大嫌いです。。。。何が面白いのかわかりません。。。。。。。。。。。。。....魔邪が大嫌いです。。。。何が面白いのかわかりません。。。。。。。。。。。。。。。。。。続き
---
●木下優樹奈って?・・・なんでテレビ出てるんですか?あれって確かスザンヌと里田....木下優樹奈って?・・・なんでテレビ出てるんですか?あれって確かスザンヌと里田まいと一緒におバカキャラやってる人ですよね?ただバカなだけで、まった〜〜〜〜っくおもしろくないんですけど。何か勘違いでもしてるのでしょうか?元ギャルなのか知らないけど、ケンカ強いとかしゃしゃってるだけじゃないですか。女子プロレスじゃないんだからケンカ強くて何になんの?って感じなんですけど。それに、全然可愛くありません。おもしろくないし、可愛くもないのになんでバラエティに出てるんですか?皆さんのご意見を聞かせてください。続き
---
●夢中になったアスリートを教えてください。因みに私はローラ・ボウとジャネット・....夢中になったアスリートを教えてください。因みに私はローラ・ボウとジャネット・リンです。わかるかな?続き
---

オススメ書籍

管理人

ネットはいいですね〜
いろんなアイテム、簡単に見つかりますから
こんな世の中だからこそ、賢く生きないと

意外とオモロイ

お勧めリンク集