×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

『新生UWF8・13有明コロシアムの全貌を公開!』(No.212)

巻頭カラー特集は、タイトルにもある通り、『新生UWF・有明コロシアム大会』です。

正直、私はあまりUWFに興味はないので、スルーして・・・


お次は、新日本で『長州VS藤原』の一騎打ち。

今更気づいたんですが、藤原はまだ、新日本所属だったんですね。

モノクログラビアで、『船木遠征後の前座はコイツに任せた』と題し、デビュー直前の鈴木みのるが紹介されています。

この頃から、藤原教室に入門するなど、UWF志向が強かったようです。


ネクスト。

『タッグ王座を統一した五輪コンビ対談』。

後の編集長にして天龍番の小佐野記者がインタビューしています。

防衛戦の相手に、ハンセン・ゴディ組、ブロディ・スヌーカ組の名を挙げています。

ブロディが、「また、ハンセンと組んでもいい」的なことを言っていた、とのコメントも。

見たかったですね・・・


巻頭第2特集は、『猪木が渡米中に狙う大仕掛け』。

武藤、橋本、蝶野の闘魂三銃士を結成させ、藤波、長州らニューリーダーにぶつける、なんて構想が語られています。

ホーガンやバックランドとの接触も視野に入れている、とも。

実際に、闘魂三銃士が揃い踏みしたときは、ゾクゾクしましたね。


他は、『三沢のスウィート・ホーム初公開』『スティング インタビュー』『新日IWGPチャンピオン・シリーズ詳報』など。

三沢(まだ、タイガーマスク)は、新婚さんだったんですね。

目に付いたところでは、船木がスコット・ホールと一緒にジムで練習していた記事もありました。


ビッグマッチが行われない週でも、ちゃんと伏線が張られている。

昔のプロレスは奥が深かった・・・


では、また。


● NEW JAPAN PRO−WRESTLING BESTBOUTS OF 2007 / 新日本プロレスメーカー名ADI受託その他メーカータイトルNEW JAPAN PRO−WRESTLING BESTBOUTS OF 2007アーティスト新日本プロレス品名/規格番号DVDAKBD 16022 (00000760989)ディスク枚数1枚発売日08/03/28コメント2007年の新日本プロレスの中から、選りすぐりの名勝負を収録する完全保存版。棚橋と永田の間で揺れ動いたIWGPヘビー級戦線をはじめ、IWPGジュニア・ヘビー級戦線、名勝負や大事件の数々などを収めている。〈激戦!IWGPヘビー級戦線〉2.18 棚橋vs金本/4.13 棚橋vs永田/5.2 永田vs越中/6.17 永田vs真壁/10.8 棚橋vs永田/11.11 棚橋vs後藤〈熾烈!IWGPジュニア・ヘビー級戦線〉2.18 稔vs井上/4.13 稔vs田口/7.6 稔vs田口/9.24 田口vsタイガー/10.28 田口vs金本 他〈激震!激闘名勝負〉2.18 カート・アングル参戦/6.17 SUPER Jr.決勝/8.12 G1決勝戦/11.11 TNA緊急参戦 他\[画]スタンダード▼いっしょにおススメ商品▼AKBD-16022詳しくはこちら
---
●1 新日本プロレス平成黄金時代新日本プロレス『1 新日本プロレス平成黄金時代/新日本プロレス』新日本プロレス1990時代の試合の数々を収録するシリーズ第1弾。蝶野正洋&橋本真也組対佐々木健介&馳浩組などの試合を収める。★★在庫に限りがある為お早めにご購入下さい。★★詳しくはこちら
---
●10 蝶野祭り Black Storm新日本プロレス『10 蝶野祭り Black Storm/新日本プロレス』★★在庫に限りがある為お早めにご購入下さい。★★詳しくはこちら
---
●3 新日本プロレス ダブルインパクト2004新日本プロレス『3 新日本プロレス ダブルインパクト2004/新日本プロレス』★★在庫に限りがある為お早めにご購入下さい。★★詳しくはこちら
---
● 新日本プロレスリング THE REVIVAL〜復活〜VOL.10 藤波VS猪木 8.8死闘60分 / 新日本プロレスメーカー名アミューズソフトエンタテインメント(株)タイトル新日本プロレスリング THE REVIVAL〜復活〜VOL.10 藤波VS猪木 8.8死闘60分アーティスト新日本プロレス品名/規格番号DVDASHB 1195 (00000501191)ディスク枚数1枚発売日03/06/27コメント〈IWGPヘビー級選手権試合〉藤波辰巳(選手権者)vsアントニオ猪木(挑戦者)(88年8月8日 横浜文化体育館)\[画]スタンダードASHB-1195詳しくはこちら
---